小顔になりたいならボトックス注射を受けるべき|効果の高さを解説

ボトックス注射の効果

ナース

わきがにも効果があるボトックス注射

ボトックス注射はメスを使用しない多汗症治療としても人気がありますが、においの元となるアポクリン汗腺の働きを衰えさせることもできるので、わきがにも効果があります。施術はわきに注射を打つだけなので、10分程度の短時間で施術は終了しますし、メスも使用しないので傷跡が残る心配もありません。ただし、半永久的な効果があるわけではなく、通常半年〜1年程度で効果はなくなってしまいます。そのため、露出の増える夏場だけ注射をしたり定期的に注射をするのがおすすめです。わきが治療にはいくつかの方法があり、もっとも効果があるのはメスを使ってわきの下を切開し、わきがの独特に臭いの原因となるアポクリン汗腺を取り除く手術となりますが、傷跡が目立ったりダウンタイムがあるため治療を躊躇してしまう人も少なくありません。一方、ボトックス注射はわきに注射を打つだけで汗の分泌を抑えることができますから、わきが独特のにおいを軽減させることができます。重度のわきがの人の場合十分な効果が得られない場合もありますが、軽度なわきがの人には効果的な治療法だといえます。そもそもボトックス注射というのは、ボツリヌス毒素製剤の一つで食中毒の原因菌となるボツリヌス菌蛾作るタンパク質を、薬として用いています。食中毒の原因菌と聞くとかなり怖い響きがありますが、人体に害がないように加工されたものを使用しますしボツリヌス菌自体を注射していくわけではなく、ボツリヌス菌に感染するということはありませんので心配はいりません。このボトックスはわきがや多汗症汗を止める効果だけではなく、表情筋によるしわや咬筋の発達によるエラなども解消させることができますから、しわ改善や小顔効果も期待できます。薬自体は注射をしてから神経に速やかに取り込まれていきますが、効果が現れるまでには2〜3日程度はかかりますし注入する場所や量などによっても効果が異なりますから、経験豊富で技術が高い医師やクリニックを選ぶことが大切です。また施術にはメリットだけではなくデメリットやリスクも生じてしまいますから、事前にしっかりと確認しておきましょう。