小顔になりたいならボトックス注射を受けるべき|効果の高さを解説

ボトックス注射で小顔に

カウンセリング

エラのボトックス注射の効果

ボトックスというとしわ治療に用いられる薬剤ですが、しわだけではなくエラを目立たなくして小顔を形成することも可能です。エラが張っている原因のほとんどは咬筋の発達ですからこの筋肉にボトックス注射をすることですこしずつ筋肉を萎縮させることができ、エラが目立たなくなっていきます。骨格自体が張っていたり脂肪で顔が大きい場合には効果は期待できませんが、筋肉が発達している場合には注射一つで小顔を手に入れることができます。しかし、経験が豊富なドクターやクリニックを選ぶことが重要となります。ボトックス注射は短時間の施術で効果を得ることができるということで、人気のプチ整形となっていますが、効果の持続は半年程度となっていますから持続させたい場合には、継続して注射を行う必要がありますし、即効性があるわけではなく注射を打ってから咬筋が小さくなって小顔になるまでには1ヶ月程度かかることがあります。ただ頬骨弓筋にまで注入してしまうとその部分が窪んでしまい頬がこけてしまい老けた顔になってしまいますから、注入する箇所は重要です。また、顔面には多くの血管や神経・筋肉が存在しています。こういった解剖学を熟知したドクターであれば効果的にエラを小さくしていくことができます。技術の未熟なドクターの場合には適切な部位にボトックス注射することができずあまり効果が現れない場合もあります。しかし、実績が豊富で優秀な医師に依頼をすれば、これらの点を考慮して治療を進めてくれるので安心です。また、ボトックス注射の副作用について不安を抱える人もいますが、副作用が発症することはほとんどありません。万が一発症しても、ボトックスの効果が切れることには、副作用も解消されます。一生副作用を抱えて生きなければいけないと言うわけでないので安心してください。クリニックによっては、初診時のカウンセリングで副作用やアフターケアについて丁寧に教えてくれます。もし、副作用で、治療を受けることを躊躇しているのであれば、カウンセリングを受けてみることも一つの手です。美容外科のランキングサイトをチェックして、丁寧なカウンセリングと技術力に定評があるクリニックを調べましょう。