小顔になりたいならボトックス注射を受けるべき|効果の高さを解説

安心して受けることが可能

注射

ボトックス注射のメリットやデメリット

ボトックス注射は美容外科や美容皮膚科などで施術が可能で顔のしわを改善することができ、料金も比較的安くできる施術です。ボトックス注射のボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質のことです。これは、毒素の一種ともいわれています。希望部分の神経と筋肉の間に注入することで、筋肉の収縮を弱め作用が生じます。毒素と言われると、びっくりする患者が多くいますが、ボトックス注射の安全性や効果は確かなものです。ボトックス注射をすることでのメリットはいくつかあり、その中のひとつで広く知られているのはしわの解消です。しわは自分では意外に気づきにくいもので、笑うなど表情が出ている時には自分の顔を見ることはないので、しわは深く刻まれることにもつながります。また、深い溝のしわ以外にも、今後できる可能性のあるしわの予防も期待できます。ボトックス注射は継続して施術をすることでしわはできにくくなります。顔のしわにスポットが当たりがちですが、ボトックスの効果は種類によっては顔のリフトアップや、小顔効果、多汗症への施術など様々な悩みや症状を解消することができます。ボトックス注射は、注射でボトックスを注入する施術なので気軽にできるもので、メリットも多いですが、デメリットもあります。効果を実感するまでは表情じわは注射してから2〜3日程度、小顔効果は2週間〜1ヵ月程度はかかります。またボトックスは半永久的ではなく、効果の持続は3〜6ヵ月程度なので効果を継続さえるためには定期的に注射する必要があります。注入部に内出血や腫れがでることもあります。ボトックス注射で副作用がある可能性はあり得ますが、大切なことは医師から指導される施術後の過ごし方であったり、ネットの情報を信じすぎないということです。ネットからの情報などはすべてが間違いということはないものの、副作用が起こる理由もあります。ボトックス注射は安全性が確立している施術で普及もしています。気になるしわなどを解消するためには、技術の高い医師やクリニックを選ぶことは必要ですが、医師の説明やアドバイスなどをしっかり聞いて理解してから施術を受けるようにすることが大切です。